平成15年12月20日号
第532号

11月1日は
「すしの日」

平成13年
平成14年
平成15年
平成16年
平成17年
平成18年
平成19年
平成20年
平成21年
平成22年
平成23年
平成24年
平成25年
平成26年
平成27年
平成28年

平成15年1月20号
平成15年2月20号
平成15年3月20号
平成15年4月20号
平成15年5月20号
平成15年6月20号
平成15年7月20号
平成15年8月20号
平成15年9月20号
平成15年10月20号
平成15年11月20号
平成15年12月20号
「あらためて協力に感謝」理事会より
 大阪大会 各方面から過分な評価

大阪大会での受賞者を代表して
木村事業委員長に半田理事長が
表彰状を伝達


「すばらしい大会でした」
組合顧問・北野大阪市議会議員


「業界の発展にともに努力を」
商友会・谷口会長
組合の12月定例理事会が4日、大坂駅前第1ビルの神仙閣で開かれた。大阪大会を無事に終えたことに役員、組合員の協力にあらためて感謝し、この結束したパワーを今後の組合発展に繋げることを確認した。

開会の挨拶で半田理事長は、「大会が終わりほっとしています。あちこちの組合から”いい大会だった”との手紙やお言葉、評価をいただいた。これひとえに組合員、理事、役員皆様のご努力のお陰と感謝しています」とお礼。

成功の理由としては、早くから準備に着手したこと、記念誌の広告集めに全員で頑張ったこと、大阪市消防音楽隊など無償で出演し、会場を盛り上げていただいたことなどあげ、関係各方面の絶大な力添えに感謝した。

理事会終了後、来賓と商友会会員17社を迎えて忘年会が開かれた。半田理事長は多数の参加にお礼の言葉を述べたあと、「大会が成功裏に開催できたのは、ご臨席の来賓、商社の皆様のお陰と心から感謝しています。これからも当組合のためご支援、ご指導をよろしくお願いします」と挨拶した。
永年勤続従業員を表彰
 組合から5人に知事賞

5人を代表して知事賞受賞
藤井さん


連合会会長賞受賞
品部さん
大阪府飲食旅館生活衛生組合連合会(甚田長治郎会長、すし組合など8団体)の平成15年度「永年勤続優良従業員表彰式」が11/25開かれた。

組合関係者の受賞は次の通り。おめでとうございます。(敬称略)
◆知事賞
堀 泰孝  (亀すし・勤続21年)
・小谷口 仁  (亀すし・11年)
・八田 健一  (初値鮨・11年)
・中山 浩樹  (寿司丸・16年)
・谷本 寿弥  (寿司丸・28年)
◆連合会会長賞
・品部 年輝  (松新・8年)

がんばる!歳末商戦
 「今はがまんの時、儲けよ思たらあきまへん」ある店主




出足やや遅いが、セットメニューが主流
軒並み大手チェーンの超デフレ価格とチラシ攻勢。若い幹事は「飲み代入れてナンボ」とシビアな計算をして店探し。業界にとって年末年始はかき入れどきだが、様子を聞くとほとんどの店が「昨年より出足が遅い」という。価格も料理だけで5,000円以上は少なくなった。会計時のトラブルが困るので「お客に予算を決めてもらう方が楽」と多くのお店はいう。しかし「こんな不景気な時代、儲けようという商売はダメ。今は忍の一文字、頑張っていれば、いつか花咲くときが来ますよ」と頑張っているお店も多い。

運転代行サービス券提供
飲酒運転の罰則が強化され、交通の便の悪いところでは極端に客足が減少したところもある。しかし大阪府南部のとある店では、運転代行の初乗り料金700円のサービス券を出し好評だ。



見事な細工ずしもずらり出品
「京都料理展示大会」が開催。今回で98回目の師走を彩る伝統行事だ。式包丁や京舞、商品展示会などイベントも多彩だった。舞妓さんの姿も京都らしさを・・・。
「ヘルシー外食フォーラム2003」開催
 すし富、千成寿司、丸三寿司、三府すしが受賞

優秀賞「バラエティ寿司定食」
丸三寿司

優秀賞「お昼のにぎりセット」
三府すし

優秀賞「ヘルシー会席"e"定食」
すし富

朝食最優秀賞
「お寿司屋さんのヘルシー朝食」
千成寿司

「野菜バリバリ賞」受賞
すし富さん

「朝食部門」最優秀賞受賞
千成寿司さん
商友会/新商品情報
■創作系のすしが若い女性に人気 〜ワナー物産〜
 問い合わせ:06-6458-8822

色とりどりの食材をチラシ風にアレンジ
「カラフルいなり」


黒米でネギトロなどを巻いた
「古代米ロール」
■今年の米の必需品 〜大塚製薬〜
 問い合わせ:06-6304-2001


すし専用 
炊飯ミオラゴールド
お国自慢郷土のお寿し 島根県・箱ずしなど
 石見銀山の時代、江戸から伝承

晴れの日の定番、石見地方の「箱ずし」



イワシ・サバが一般的「おまんずし」

出雲、石見、隠岐。3つの古代国家から誕生した島根県の郷土ずしといえば、石見地方に伝わる「箱ずし」と「おまんずし」が有名。

石見銀山は江戸時代幕府の天領だった。そこへ代官に同行してきた奥方達が、江戸の料理を懐かしんで作らせたのが「箱ずし」。このときにもたらされた江戸の文化が、大田地方の食材と結びついてできあがったといい、各家ごとに伝承されているすし箱は、大きなものだと1セットで2升ものご飯を詰めることができる。

一風変わった「おまんずし」の名前は、江戸時代に町で人気だった「阿満(おまん)ずし」に由来するとか。阿満ずしは「にぎりずし」のはしりであり、ご飯の代わりにおから、魚はイワシ・サバを使う。これは島根も江戸も同じ。石見海岸の浜田市周辺で秋祭りなどに作られる。

島根県は来年の全国すし連大会の開催地。見どころいっぱいの観光のついでに、素朴な郷土ずしを楽しんでみたい。
すしや万歳
関西の中小企業の76%が景気改善の兆し有りという。ボーナスも十分に払えると。もう不況だからの言い訳は通じない。努力が、アイデアが足らない。

生き残るために今すぐやれること、今までこられたお客様にTEL、FAX、メールで、今日新鮮で珍しくて、売りたいもの、今日しかないもの、今日のお喰い得、今日は20%OFF、30%OFF、雨が降ってきたから半額とか、どんどん恥じらいも忘れて送って下さい。この繰り返しで必ず客は帰ってきます。

値段を回転ずしと同じにしても勝てません。今の仕様で十分戦えます。負けてはダメ、勝ちたいんや!を訴えていきましょう。