HOME 新鮮・採れたて情報 新鮮・採れたて情報 目的別選択 大阪鮓 旬のネタ情報 商友会 大阪鮓組合
おおさか
大阪鮓組合では様々な活動を行っております。
組合には府下に56の支部、本部には16の委員会があります。組合の主な活動としては、組織強化・広報宣伝・組合員福祉など、それぞれの役割を協力して運営しています。
大阪鮓組合 組合活動状況 大阪鮓組合 全国共通すし券 大阪鮓組合 組合概要 大阪鮓組合 組合に入りませんか
大阪鮓組合 大阪すし新聞 名店・名匠の記録 名店・名匠の記録 すし券委員会ニコニコ受取店 すし券委員会ニコニコ受取店
2009
大阪鮓組合
三角 組合活動状況
甲斐の国(山梨)で第52回全すし連大会
業界功労者多数らを表彰 大阪から岡田、斎藤、菊池氏ら
Pict1全国すし連(山縣正会長)の第52回全国大会が10月6日開催された。
大会には43都道府県から約800人(大阪組合からは29人)が参加、表彰など式典の後、記念講演会と懇親会が開かれた。なお、来年の第53回大会は四国、徳島での開催が決まった。
山縣会長は多数の参加に感謝した後、有効期限表示前のすし券の取り崩し、交際費課税の緩和など報告。さらに、すしが世界中に広がる中、正しいすし技術と食中毒防止への知識など備えた「すしアドバイザー」制度を平成22年秋にも創設Pict2したい考えを明らかにした。
恒例の表彰式は前年度藍綬褒章を受賞した山縣会長ら名誉者を讃えた後、芦澤山梨県組合理事長に鳩山由紀夫総理(代理)から内閣総理大臣賞、続いて水産庁長官賞、厚生労働省健康局長表彰、女性経営者と内助の功の表彰が行われた。
大会スローガン
  1. 明確なビジョンを立て、積極的に経営しよう。
  2. 新規組合員を増やし、組合基盤の強化を図ろう。
  3. すし店継承者の育成を計ろう。
  4. すし券を積極的に販売し、普及拡大を図ろう。
  5. すしは健康食であることをアピールし、商売繁盛に繋げよう。
  6. すしの未来を探る「52回山梨大会」で親睦と団結を図ろう。
山梨大会での大阪の受賞者
【厚生労働省健康局長表彰】
岡田守雄(堺東支部・割烹司=総務委員長)
【全国生活衛生同業組合連合中央会理事長感謝状】
菊池義照(南支部・から津=融資委員長)、斎藤久男(旭支部・福すし大宮総本店=組織委員長)
【全国すし連会長表彰】
加藤丈夫(寝屋川支部・喜多八)、中川肇(摂津支部・魚正)、馬野常夫(泉佐野支部・三平寿司)
【婦人経営者特別功労表彰】
石田和子(西淀川支部・こますし)、藤原美栄子(同・大野寿司)
【内助の功表彰】
今井美喜枝(東淀川支部・海豚大将)、家田栄利子(同・歌舞伎)、山入美佐子(東大阪支部・福寿司)、三澤京子(尾崎支部・福すし)、松崎美津枝(枚方すし支部・小政寿司)、奥村佐智子(尼崎支部・二鶴)
ページ上部へ UP
/ サイトマップ