HOME 新鮮・採れたて情報 新鮮・採れたて情報 目的別選択 大阪鮓 旬のネタ情報 商友会 大阪鮓組合
おおさか
大阪鮓組合では様々な活動を行っております。
組合には府下に56の支部、本部には16の委員会があります。組合の主な活動としては、組織強化・広報宣伝・組合員福祉など、それぞれの役割を協力して運営しています。
大阪鮓組合 組合活動状況 大阪鮓組合 全国共通すし券 大阪鮓組合 組合概要 大阪鮓組合 組合に入りませんか
大阪鮓組合 大阪すし新聞 名店・名匠の記録 名店・名匠の記録 すし券委員会ニコニコ受取店 すし券委員会ニコニコ受取店
2014
大阪鮓組合
三角 組合活動状況
飲食店で42件、患者359人 大阪府 / 今年1〜10月の食中毒
カンピロバクターが54%
図1大阪府で発生した今年1月から10月までの食中毒は57件、患者数644人。平成25年中の発生件数は64件、患者数949人で、ほぼ前年並み。
病因物質別ではカンピロバクター・ジェショニコリが54.4%と最多、続いてノロウイルス15.8%。飲食店が42件、患者数359人と群を抜いて多く、続いて給食施設・老人ホームの3件、73人、旅館の1件、147人など。いくら忙しくても手抜きのない仕事を。

図1
ノロウイルス感染症予防を
冬場特に気をつけなければならないのがノロウイルスによる感染性胃腸炎。感染経路は感染者の嘔吐物・糞便、ノロウイルスに汚染された食品や器具、二枚貝の生食など。大事なのは二次感染の防止で、「すぐに拭き取る」「乾燥させない」「後を消毒する」の3原則の順守を。
5月の総会で3回目の認証 自薦・他薦含め支部長から推薦を
組合では来年5月の総会で認証する「浪速 すしの名匠」と「浪速 すしの名店」への推薦を受け付けています。日頃から卓越したすし技術とサービスを提供する名匠(個人)、名店(店舗)を顕彰し、伝統あるすし技術の継承と組合ブランドのレベルアップを目指す5年間継続事業の3回目です。
浪速 すしの名匠(個人)
【推薦基準】
(1) 調理師免許を取得
(2) すし業に従事し同一店舗で10年以上勤務(店主、二世・三世、従業員を含む)
(3) 30歳以上60歳未満。〈補足〉(社)調理技術技能センターの審査・試験合格者、すし技術コンクール出場経験など考慮
浪速 すしの名店(店舗)
【推薦基準】
(1) 30年以上営業
(2) 過去10年間に食中毒など行政処分を受けていない
(3) 組合・支部の活動に協力的
(4) 日頃から前向きに商売に取り組んでいる
(5) 反社会的な団体等と関わりがない。〈補足〉衛生状態が良好で府・市などからの受賞を考慮。
大阪ガス「ハグミュージアム」千代崎橋に1月30日グランドオープン
5階に業務用厨房フロア
図1商友会会員商社、大阪ガスの新しい情報発信基地「ハグミュージアム」が来年1月30日(金)にオープンする。その内覧会が12月3日開かれ、組合から井上理事長が出席した。1フロア約2000m2、5階建ての大きな建物。同社代表取締役副社長兼執行役員の本荘武宏氏は「来年創立110周年を迎えるのを前に、創業の地で食にかかわる人たちの出会いの場として、食文化の発展に貢献していきたい」と挨拶。
最新の厨房設備を体感
図1 5階の「業務用厨房フロア」は、安全で快適な厨房環境を実現するために「涼厨(すずちゅう)」体感PRと先進の換気システム、ガス機器だけでなく業種・業態・目的にかなう厨房とエネルギーを総合的に提案する。体感ルーム、厨房機器での実演、セミナールームも。ハグホールでは和洋中対応の可動式調理台など最新機能で調理実演セミナーやコンテスト、プロ向け料理講習会場として利用できる(要予約)。
ページ上部へ UP
/ サイトマップ